シニア猫の快適生活におすすめ!キャットタワー「ローステップタワー」(おすすめのキャットタワー)

ローステップタワー『PEPPY(ペピイ)』

シニア猫さんでも
のぼりやすい高さの段差と動線にこだわった階段タワー!

スポンサーリンク
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ローステップタワーとは?

ローステップタワーは、シニア猫さんが、のぼりやすい高さとステップ幅にこだわっています。低めの入口で入りやすいカップ。フチが高いから丸まって寝やすい!ソフトな寝心地です。

また、降りるの時も安心な広さ。滑りにくいワッフル状の生地を採用。背伸びしてとげるからシニア猫さん大満足。しっかりこもれる個室にヒーターも入れられるコンセント穴付きです。

ローステップタワーの特長

猫は昔、森の中で暮らしていました。その頃は、外敵が少なく周りの様子がよく観察できる安全な木の上で過ごしていたのです。 その名残で、現在でも「高いところは安心できる快適な場所」と猫は思っています。

猫が高いところにのぼるのは本能。たとえシニア猫さになって、高くジャンプできなくなっても「のぼりたい!」という気持ちは抑えられないのです。

ローステップタワーは、そんなシニア猫さんに応えるキャットタワーです。

のぼりやすい高さのステップ

ステップの高さは15cm、幅は25cm!のぼりやすい高さと、しっかり体を乗せることができる幅にこだわっています。

おりる時も安心なステップの広さ

ローステップタワーは、おりる時も安心なステップの広さ。滑りにくいワッフル状の生地を採用しています。

シニア猫さんでも安心のカップ部分

ローステップタワーは、シニア猫さんでも出入りしやすいようにカップの入口は低めに設計。つまずく段差がないから安心です。

また、カップのフチは16cmと少し高めに。安心感があるので丸まりやすく、ソフトな寝心地です。

その他にもシニア猫さんにうれしい工夫が!

57cmの長い麻縄製爪とぎは背伸びしてもとげるので、爪とぎの好みにうるさい熟練のシニア猫さんでも大満足。

また、低い位置にこもれるフワフワ個室を用意。ヒーターを入れられるコンセント穴付きで寒い真冬でも安心です。

ローステップタワーのサイズ・スペック


サイズ(約)

  • 本体・幅76×奥行55×高さ97cm
  • 台座・76×50×1.5cm
  • ボックス大・25×25×43cm
  • ボックス中・25×25×30cm
  • カップ・径34×高さ16cm
  • 柱・径8cm

入口サイズ(約)

  • ボックス大・17×37cm
  • ボックス中・径17cm
  • ボックス小・8×18cm
  • カップ・20cm

備考:重量(約):22kg・使用体重目安:6kgまで

ローステップタワー

素材・原材料:MDF、ポリエステル、麻縄、紙管(主材)

シニア猫さんでも、
のぼりやすい高さの段差と動線にこだわった階段タワー。

価格:14,300円(税込)▼PEPPY(ペピイ)サイト&ご購入は▼

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。