猫の入手方法

cat

 
当たり前のことですが、猫との暮らしをはじめるには肝心の猫がいなければ何もはじまりません。近所の公園で捨てられていた子猫を保護したというような場合をのぞき、何らかの手段で猫を入手する必要があります。

スポンサーリンク

猫の入手方法

猫を入手する方法として考えられるのは大きく分けてこの4つの方法があります。

  1. ペットショップで入手する
  2. ブリーダーから入手する
  3. 知人(友人)から譲り受ける
  4. 保護施設などから譲り受ける

1.ペットショップで入手する

あらかじめ飼いたいと思う猫(種類)が決まっている、または血統書付きの猫が飼いたいという方ならば、ペットショップで猫を探すという方法がいいでしょう。

いいお店に巡りあえれば元気で健康状態のいい猫を購入できるということだけでなく、猫と暮らす上でのちょっとした悩みなどにも相談にのってもらえます。

近年ではショッピングモール内のペットショップに併設して動物病院があるというところもあります。ペットショップで猫を購入した後の予防接種や
健康診断などに動物病院を探す手間がかからないのでとても便利だという飼い主さんもいるようです。

ただ、残念ながらペットショップの中には猫を単なる商売道具としてしか考えて販売していない悪質なところもあります。事前にインターネットなどでお店の評判を見てみたり、もし、ペットショップで猫を購入したという知人やお友達がいたら、意見を聞きアドバイスを受けると
いいでしょう。

2.ブリーダーから入手する

ブリーダーとは、簡単にいうと、動物を繁殖させて販売している個人や団体のことです。ペットショップと同様に血統書付きの猫を飼いたいとか、特定の品種の猫を飼いたい、また、珍しい種類の猫を入手したい場合はブリーダーから購入するのもいい方法です。

ブリーダーから猫を購入したいという場合は、雑誌やインターネットで探すのが一般的ですが、ペットショップと同様に残念ながら一部に悪質なブリーダーもいるのでやはり注意が必要になります。

ブリーダーから猫を購入する際、一番安全な方法は、信頼できる知人・友人などから直接ブリーダーを紹介してもらうことですが、そのような人が身近にいないという方も多いと思います。その場合にはまず電話をかけて
直接話をしてみることをおすすめします。そこで、「猫は見せられない」とかいい加減な応対をするようなブリーダーはやはり避けたほうがいいでしょう。

3.知人(友人)から譲り受ける

猫の入手というか、猫と暮らしはじめるきっかけとしても案外多いのが、知人や友人から子猫をもらうというケースです。

猫を飼っている人の飼い猫が子猫を生んだとか、すでに猫を飼っていてこれ以上飼い猫を増やせないという人が、猫を保護したた場合などがあります。

このようなケースで猫を入手する注意点としては、「完全室内飼い」や「避妊手術」に理解のある人から譲り受けるという点です。それはなぜかというと。その人が暮らしている地域や環境、またはその人の考え方によっては、「室内飼いはかわいそう」だとか、「避妊手術は・・・」という人もいるからです。

アパート・マンションなどの集合住宅で、他の住民に迷惑をかけることなく猫と一緒に暮らすためには、「完全室内飼い」と「避妊手術」が必要になります。

たとえば、ご近所さんや友人から猫を譲り受けたとして、猫を飼う事に関しての考え方が原因で気まずくなるという事態だけは避けたいもの。

完全室内飼いや避妊手術に理解のある人、もしくは譲り受ける前に、完全室内飼い・避妊手術を理解、納得してもらった上で譲り受けるというような形にしたほうがいいでしょう。

4.保護施設などから譲り受ける

公園などに捨てられていたり、飼い主が亡くなったり何らかの理由で手放したりした猫達を地域の保健所や里親探しなどをしている保護団体などから譲り受けるという猫の入手方法もあります。

現在でも「育てらないから」とか「飼えなくなったから」などという身勝手な理由で猫を保健所に持ち込むケースが後を絶ちません。そして、引き取り手が見つからない猫達には悲しい結末が待ち受けています。それが現実です。

このような不幸な境遇に置かれた猫達を救うという猫の入手方法もあるのです。

不幸な境遇の猫達を救いたいとか特に飼いたい猫種は決まっていないという方は、このような猫の入手方法もあるんだということをぜひ覚えておいてください。

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。