ペット保険

ペット保険の資料請求なら【保険の窓口インズウェブ】ペット保険一括資料請求

すでに猫ちゃんと暮らしている飼い主さん、あなたの猫ちゃんの「もしもの時の備え」は万全ですか?もしもの備えと言うと、地震などの災害のへの備えが頭に浮かぶかもしれません。もちろん、猫ちゃんの災害への備えも大事なことですが、今回は、「もしも、猫ちゃんの体調が悪くなったとき」の備え『ペット保険』のことについて少し書いてみたいと思います。

現在、猫ちゃんと暮らしている飼い主さんはもちろん、これから猫ちゃんと暮らそうと考えている方もペット保険について考えておきましょう。

スポンサーリンク
ペット保険 資料請求

『ペット保険』とは?

猫ちゃんも人間と同じく命ある生き物です。人間が体調が悪くなることがあるように、猫ちゃんも体調が悪くなることもあります。体調が悪くなった時、人間が病院に行き、診察・治療を受けるように、猫ちゃんも病院へ行き診察・治療を受けることになります。人間の場合は健康保険に加入しているので基本的に「3割負担」で済みますが、猫ちゃんはそうはいきません。例えば、人間の医療費が10,000円だった場合⇒3,000円の支払いで済みますが、猫ちゃんの場合は健康保険がないので10,000円支払うことになります。

ペットを飼っている飼い主さんや、経験のある方ならご存知だと思いますが、動物病院でかかる費用は高額になりがちです。通常の健康診断やワクチン接種、避妊・去勢手術ならば、ある程度の費用、数千円~数万円(避妊・去勢手術の場合)程度で済むことが多いですが、もしも猫ちゃんが何かしらの病気で入院や手術が必要になった場合その治療費や薬代は高額になることが多いです。また、病気によっては薬を飲み続けなければならないこともあり、薬代だけでも負担が大きくなることもあります。このような猫ちゃんの「もしもの備え」としておすすめなのが『ペット保険』です。

ペット保険のメリット

ペット保険加入の最大のメリットは、猫ちゃんのもしも(病気やケガ)の時の治療費の負担を減らすことです。

飼っている猫ちゃんの「様子がおかしい・・・」「なんか体調が悪そう・・・」と気づいたら、すぐに動物病院へ連れていき獣医師の診察を受け、必要があれば治療をはじめることが重要なのですが、そんな時『お金がないから・・・』といって動物病院へ連れていくのをためらったり、連れていかない飼い主さんも案外多いようです。でも、それでは「飼い主失格」ではないでしょうか。なぜなら、「愛猫を守れるのは飼い主だけ」だからです。

そんな時、『ペット保険』に加入していれば『お金』の心配が少なくなる(通院費・入院費・手術費用などの一部を保険会社が負担)ので、すぐに猫ちゃんを動物病院へ連れていくことができます。ペット保険加入のメリットは、「金銭面」もありますが、金銭面の負担を減らし、迷わず動物病院へ連れていくことで「病気の早期発見」にもつながることを見落としてはいけません。

ペット保険を選ぶポイント

ペット保険は保険会社や保険によって補償内容が違います。
ペット保険を選ぶポイントとしては例えば・・・

などがペット保険選びのひとつのポイントです。

また、病気やケガなど他にも不測の事態に備えたサービスもあります。

自分に合ったペット保険を選ぼう

ペット保険は人間の保険と同じく、補償内容が多ければメリットも多くなりますが、その反面やはり保険料が高くなります。ですから「自分に合った保険」を選ぶことが肝心です。

ペット保険の補償内容や保険料は、保険会社やその保険によって違いがあるので、しっかりと比較検討することが大切です。そのために、まずは資料請求からはじめてみましょう。

その際には【保険の窓口インズウェブ】のペット保険一括資料請求が便利です。

  • 一度の入力で一括資料請求
  • もちろん無料
  • 最短2分で入力可能
  • 最大5社


↓公式サイト・資料請求はこちらから↓

ペット保険は人間の保険と同じく、加入年齢が若いほど保険料が安く、年齢が高いほど保険料が高くなります。また、保険によっては年齢制限がある(何歳以上は保険加入不可など)ものも多く、高齢になればなるほど選択肢が少なくなります。

すでに猫ちゃんと暮らしていてペット保険未加入の飼い主さんで、健康診断やワクチン接種などでの「かかりつけの動物病院」があれば、あらかじめその病院で扱っている(利用できる)保険を教えてもらえれば保険選びが簡単になります。

また、これから猫ちゃんと暮らそうと考えている方は、猫ちゃんとの暮らしに必要なフードやトイレ用品などの消耗品(必要経費)だけでなく、「医療費」もあると頭に入れておいてください。

スポンサーリンク