猫に食べさせては危険な食べ物

猫に食べさせては危険な食べ物に注意!

cat

 
かわいい愛猫が、飼い主さんの食事中に近寄ってきて飼い主さんの食べてるものをおねだりする姿はとても愛らしいので、つい人間の食べ物を与えてしまうという方もいるかもしれませんが、人間にとっては、安全な食べ物でも猫にとっては危険な食べ物もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

猫にとっては危険な食べ物もある

人間の生命活動にとって必要な栄養素があるように、猫にも、猫にとって必要な栄養素があります。

たとえば、適切な栄養素を含んだキャットフードを猫に与えずに、人間の食べ物を主食として与え続けたら、猫にとって必要な栄養は不足してしまい、本来、猫には必要のない栄養を摂り過ぎてしまいます。

それと、人間にとっては安全な食べ物でも、猫にとっては、命の危険にかかわる食べ物もあるので、飼い主は、猫に与えてはいけない食べ物を必ず覚えておく必要があります。

猫に食べさせては危険な食べ物リスト

以下の食べ物を猫に与えると危険です。

  • ネギ・ニラ・ニンンクなどのネギ類
  • 甘いもの(特に、チョコレートは危険!)
  • 魚の骨や鶏の骨
  • イカ・タコ・アワビなど
  • ハム・ベーコン・練り物(かまぼこ)など
  • 牛乳
  • 香辛料を使っている食べ物
  • 塩分を使っている食べ物
  • 生タマゴ
  • ベビーフード(人間の赤ちゃん用)
  • アルコール(お酒)

猫にとって危険な食べ物は絶対与えない!

ネギ・ニラ・ニンンクなどのネギ類には猫の赤血球を破壊する成分が含まれているので与えてはいけません。たとえ加熱してもネギ類はNGです。

猫は人間のように砂糖の甘み感じません。甘い物は、肥満や糖尿病の原因になるばかりか、消化不良の原因にもなります。また、甘い物の中で特に危険なものがチョコレートです。チョコレートに含まれる成分には、猫に中毒症状を引き起こすものがあります。

魚や鶏の骨も危険です、猫の口の中や、喉に刺さるケガをはじめ消化器系を傷つける可能性が高いです。

イカ・タコ・アワビなどは、消化不良を起こしやすく下痢の原因になります。ハム・ベーコン・練り物などには塩分が多く含まれているので、胃などの消化器官を傷め、心臓や腎臓にも負担がかかります。また、かまぼこなどのねりものにはリンが多く含まれていて猫の身体のカルシウムのバランスを崩します。

牛乳に含まれるラクトースとよばれる成分を分解する酵素を猫は十分に生成できないため、下痢をしてしまう場合があります。猫に与えるなら人間用の牛乳ではなくペット(猫)用ミルクを与えるようにしてください。

人間が使う香辛料(スパイス)は猫にとっては刺激が強すぎて、消化器官の粘膜を傷めます。また、塩分が多く含まれる食べ物は消化器官を傷めるだけでなく、心臓や腎臓、そして泌尿器系の病気の原因になります。

生タマゴには、猫のビタミンBの吸収を妨げる成分が含まれています。もし、猫にタマゴを与えるならば、加熱したものを与えるようにしてください。

人間の赤ちゃん用のベビーフードなら安心と思うかもしれませんが、ベビーフードにはタマネギが含まれているものが多く、ネギ類がNGの猫にとっては危険です。

ワインやビールなどのお酒は、猫にとっては少量でも致死量になります。絶対与えないように、また、猫が舐めてしまいそうな場所には置かないように注意してください。

飼いはじめから人間の食べ物を与えない習慣を!

子猫の頃から、飼いはじめた頃から、人間の食べ物を与えることが当たり前になっていると、いざ、愛猫が病気になったときに困ります。いままで当たり前だった行為を突然止められても猫には理由がわかりませんし、突然もらえなくなってしまう猫がかわいそうです。

ですから、子猫の頃から、飼いはじめた頃から、基本的には「人間の食べ物は猫には与えない」と決めておきましょう。ただ、それでは猫とのコミュニケーションが・・・という飼い主さんはおすそわけ程度に塩分やスパイスが含まれていない猫が食べても安全な物を与えてあげるようにしてください。