プレミアムキャットフード tama(たまのおねだり)

おすすめのキャットフード

プレミアムキャットフード tama(たまのおねだり)

キャットフードには、たくさんの種類がありすぎて、いったい何を基準に、どのフードを与えればいいのかと悩んでしまい「キャットフード難民」になっている飼い主さんが多いようです。

いろいろと試してみたい気持ちはあっても、キャットフードは安いものではないですし、ましてやプレミアムキャットフードとなると、そうそう何種類も試せないものです。今回は、そんな悩める飼い主さんの強い味方をご紹介します。

スポンサーリンク

tama(たまのおねだり)

プレミアムキャットフード専門店『tama(たまのおねだり)』には、フード・おやつ・サプリメントなどたっぷり10アイテムのトライアルセットが用意されています。

tamaについて
tamaは、2009年6月に姉妹サイトのプレミアムペットフード通販「POCHI」の、「猫のフロア」として、サービスをスタート。オープン当初から、猫のために”猫本来の食生活を探求する”というコンセプトのもと、わたしたち猫好きが猫からおねだりされるような商品をセレクトし続けています。

猫のごはん、何を基準に選んでいますか?

キャットフードにはたくさんの種類がありますが、みなさんはどんなことを基準に猫のご飯を選んでいますか?猫の毎日のごはんについて、tamaは「あたりまえのこと」を基準にセレクトしています。「あたりまえのこと」は実は意外と見過ごされてる内容。「あたりまえのこと」を基準にキャットフードを選べば、いいのではないでしょうか!?

「あたりまえのこと」とは?!

猫には猫の栄養素が必要

完全な肉食獣である猫には猫の栄養素を満たしたフードを
与える必要があります。猫は穀類(米など)の主な栄養素
である「炭水化物」の代謝が苦手です。だから猫には、「動物性タンパク質」を多く含んだ、高タンパクな食事が理想的だと言われています。

ご存知ですか?危険な添加物

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
  • エトキシキン

といった合成酸化防止剤をご存知ですか?これらの化学的添加物は、キャットフードを長期保存するために添加されている場合もあります。中でも、「エトキシキン」は人用としては禁止されている食品添加物です。日本で市販されているキャットフードの中には、胎児奇形をもたらしたり、発がん性が指摘されている添加物が含まれるものもあるのが現状です。小さな身体へ与える影響を考えると、危険な添加物が使用されていないフードが理想的です。

フードに使用されている肉や魚の基準は?

日本では、原材料の品質まで義務付けている法律はありません。そのため、どんな品質の肉や魚が原材料として使われているのか不明確な場合が多いのが現状です。人よりも肝臓機能の働きが弱い猫たちの健康を考えると、できるだけ、人が食べているものと同じレベルの原材料で作られたフードが理想的です。

簡易なパッケージでは、フードの「酸化」は防げない!

「酸化」とは、簡単に言えば、フードが劣化してしまうこと。酸化してしまったフードを与えると、下痢やアレルギーなどの原因になるとも言われています化学的な酸化防止剤を使わなくても、賞味期限内はフードの鮮度を保てるしっかりとしたパッケージが理想的です。
 

はじめはいろいろなタイプを試してみる

キャットフードは「日本製」だから「海外製」だから「プレミアム」だからがよくてどれがダメというものではありません。どのタイプのフードを使うにしてもそれぞれにメリットとデメリットがあると思います。猫の好みを一番に、飼い主さんのライフスタイルに合うように、いろいろ試してみるといいでしょう。

参考:楽天市場でも購入できる「tama」のフード



コメント

タイトルとURLをコピーしました