暑い夏に猫が過ごす部屋の温度管理に注意!

cat

 
高温多湿の日本の夏は、人間にとっても厳しいものですが、それは猫も同じです。外で暮らす猫たちよりも、室内飼いの猫は確かに過ごしやすいかもしれませんが、アパートやマンションの夏の室内は熱がこもりやすく、外の気温が下がっても室温は下がらないことが多いので油断できません。

スポンサーリンク

猫がお留守番中の部屋の温度に注意!

一人暮らしの方で、お仕事などで日中部屋を出ている機会が多い場合、猫だけしかいない部屋の温度管理にも十分に気をつけなければなりません。

特にアパートやマンションで、風通しが悪い部屋や西日が差す部屋などは、室内の温度が高くなりがちです。部屋でお留守番をしている猫にその暑さからの逃げ場がない場合最悪、熱中症や熱射病、日射病になる可能性もあります。

夏の室内で猫に涼しく過ごしてもらうポイント

・夏の陽差しを避ける(直射日光・西日)

直射日光を避けるだけでも、室内の温度の上昇を防ぐことができます。ベランダにすだれを下げたり、場合によってはカーテンを閉めっぱなしにしておくという方法もあります。

・室内の換気をよくする

可能なら窓を数センチ開けて(網戸&ストッパー必須)換気扇をまわしたままで出かけるのもひとつのいい方法なのですが、防犯上の観点から、おすすめできません。ただ、飼い主さんが在宅中のときは、このようにして室内の風通しをよくしてあげましょう。

・エアコンを上手に利用する

夏の暑い日中、猫だけでお留守番させるときには、エアコンをつけっ放しで出かけるという飼い主さんも多いようです。西日が差し込むような部屋や都市部のアパートやマンションの室内の温度は、特に高くなりやすく、また太陽が沈んでもなお室温は下がりません。

室温設定は極端に下げる必要はなく、28℃ぐらいでいいでしょう。冷やし過ぎて猫が冷房病になっては大変です。心配な方は、冷房でなくドライにしてもいいと思います。また、万が一猫が寒いと感じたら自分で快適な場所を探せるように、たとえば、掛け布団を猫がもぐり込みやすように少し隙間を開けておいたり、冷たい空気は室内の下に溜まりやすいので、猫ベッドを部屋の少し高い場所に設置しておいてあげてもいいでしょう。

夏の室内で猫に快適に過ごしてもらうポイント

特に夏場は、キャットフードも酸化しやすく、傷みやすくなりがちです。フードを出したまま置きっぱなしにしている飼い主さんでも、最低一日に一回はフードを全部取り替えて、猫の食器を洗うようにしてください。

お仕事などで、日中部屋を留守にする時間が長い場合、できるだけ出かける直前にフードを出してあげるようにしましょう。部屋を留守にする時間が長くてフードの劣化が心配という飼い主さんは、決めた時間にフードを出せる「自動給餌器(タイマー付)」も市販されているので、購入して利用してみるといいでしょう。

また水も出来るだけ入れ替えて、猫に新鮮な水を与えるようにしたいものです。日中、お仕事などで部屋を留守にしがちな飼い主さんは、水を入れた容器を2~3箇所に置いておくのがおすすめです。

猫のトイレを清潔に保とう!

夏場は、暑さのせいでニオイがこもりやすくなります。出来るだけ換気を心がけるのはもちろん、猫のトイレも普段よりもまめに掃除してあげましょう。

砂の取替えだけでなく、トイレはこまめに水洗いをして日に当てて日光消毒を!また、浴室でトイレを洗った後は、浴室の床の掃除(消毒)もしたほうが安心です。

また、猫のトイレ周りには市販の消臭剤を置いてみたり普段フードつきのトイレを利用されている飼い主さんでニオイのこもりが気になるという場合は、ハーフタイプのフードのトイレを利用するのもひとつの方法です。

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。