猫と暮らすための必要経費

猫と暮らすための必要経費

cat

 
あたりまえのことですが、猫を飼うにはお金がかかります。猫をペットショップやブリーダーから購入する場合はもちろんのこと、里親さんから無償で譲渡されたり、公園で猫を保護したという場合でも実際に猫を飼いはじめれば少なくとも最低限の「生活費」はかかります。

スポンサーリンク

猫の「生活費」は月にいくらかかる?

猫を飼いはじめたら少なくとも月々の生活費として削ることができないのが「食事代」と「トイレ(砂)代」。さて、猫1匹につきどのくらいのお金がかかるのでしょうか。

食事(キャットフード)代

猫の食事(キャットフード)には大きくわけて、「ドライタイプ」のものと、缶詰やパウチとして販売されている「ウェットタイプ」のフードがあります。

どちらのフードのタイプを選ぶかは猫の好みや健康状態によって変わってきますが、比較的ドライフードを主に与えている飼い主さんが多いようです。

猫が食べるフードの量は「完全室内飼い」の大人の猫で1日あたりドライタイプなら60~90g、缶詰やパウチなどのウェットタイプなら200~250gぐらいとされています。

キャットフードの値段は、商品によって、購入するお店によっても違うので1ヶ月にいくらかかると、厳密には言い切れないのですが、たとえば、

ドライタイプ(1袋1kg/800円ぐらい)とすると、1ヶ月あたり1,500~2,500円前後ぐらい

ウェットタイプ(缶詰1缶200g/130円ぐらい)なら1ヶ月あたり4,000~5,000円前後に見積もれます。

これはあくまでも一例でドライタイプとウェットタイプの両方を猫に与えている飼い主さんも多いので、一概には言い切れません。はじめて猫を飼うという方はだいたい1ヶ月5,000円前後の食事(キャッとフード)代がかかると覚えておくといいと思います。

トイレ(砂)代

猫のトイレ本体は別として、月々の消耗品にあたるのがトイレの「砂」代です。

トイレ砂には鉱物系の砂と、紙やウッドチップがありますが、たとえば、鉱物砂(1袋700円ぐらい)を1ヶ月に2袋使うと考えるとだいたい1,400円前後、紙やウッドチップの砂(1袋600円ぐらい)を1ヶ月に2袋使うとだいたい1,200円前後です。

ただ、キャッとフードやトイレ(砂)代は、ネット販売やディスカウントショップを利用または「まとめ買い」をすることでもっと安くおさえることも可能です。

「食事代」「トイレ(砂)代」以外にも・・・

「食事代」「トイレ(砂)代」は最低限の必要経費。これ以外にも「おもちゃ」や「おやつ」、さらに爪とぎ板も消耗品と考えれば猫の「生活費」は月々7~8,000円前後程度は覚悟しておいたほうが無難です。

猫の「医療費」も忘れずに!

月々の必要経費というわけではありませんが、そのほかに、ワクチンの予防接種や健康診断などの医療費も必要になってきます。

ワクチン接種はたとえ完全室内飼いであっても受けておいたほうが安心です。ワクチンで防げる病気はできるだけ防いであげましょう。

ワクチン接種にかかる費用は、お住まいの地域や動物病院によって違い、1匹あたり3,000~8,000円程度です。

もちろん、猫には健康保険が適用されないので、動物病院でかかる費用は全て実費になります。

ですから、万が一のときに備えてペット保険に入っておくのもいいと思います。最近は掛け捨てのペット保険も選べるので負担を軽くできます。