飼い主ができる猫のケア

飼い主ができる猫のケア

猫の「ノミやダニ対策」も飼い主の責任です

春から夏、4~6月ぐらいの時期は、ノミやダニが特に多くなる季節です。ノミやダニは、アレルギー症状や皮膚病だけでなく、たとえば、ノミによって感染する条虫症では下痢や貧血などの消化器系に異常を起こす場合もあります。特にノミやダニの多くなるこの時期には、猫ちゃんにしっかりとしたした対策が必要になります。飼い猫のノミやダニ対策も飼い主の責任のひとつです。忘れずに「ノミ&ダニ」対策をするようにしましょう。この記事では飼い猫に寄生するノミやダニの種類やその対策について書いています。
飼い主ができる猫のケア

飼い猫の不調のサインを見落とさないように!

飼い猫の様子がおかしいと気づくために、猫の普段の様子を知っている必要があります。日頃から一緒に遊んだり、撫でてあげる、抱っこするなどして猫とスキンシップをとっている飼い主さんならば、飼い猫の些細な「変化」にも気づくことができるでしょう。この記事では、日頃の猫のチェックポイントについて書いています。
飼い主ができる猫のケア

猫を飼いはじめたら、いい動物病院を見つけておこう!

大切な愛猫には元気で長生きしてもらいというのは、飼い主共通の願いです。猫と暮らしをはじめたら、動物病院とのつきあいも必要不可欠になります。猫の飼いはじめの頃から、よいかかりつけ医(ホームドクター)を探し見つけおきましょう。動物病院の探し方、選び方のポイントなどについて。
飼い主ができる猫のケア

高齢(シニア)猫には年齢なりのケアを!

飼っている猫が高齢(シニア)猫になったら、やはり年齢に応じた健康管理や環境づくりが必要になります。ここでは、高齢(シニア)猫の健康管理や食事の注意点、ポイントなどについて書いています。
飼い主ができる猫のケア

猫の老化のはじまり・サイン

猫の場合およそ8歳を過ぎる頃から少しづついわゆる「老化」がはじまるといわれています。猫も歳をとるにつれ、体や動作に変化が現れてきます。そこでこの記事では猫の「老化」のはじまりやサインについて書いてみたいと思います。
飼い主ができる猫のケア

猫のメンタル面でのケアも大切です

飼い猫の体の健康面のケアはもちろんですが、猫の心のケアもとても大切です。人間と同様に猫もやはりストレスを感じます。日々の猫との暮らしの中で、飼い猫のストレスのサインを見落とさないようにしてください。猫のストレスの原因、問題行動、解決方法について書いています。
飼い主ができる猫のケア

日頃から猫の体のお手入れ、ケアを!

毎日の猫の体のお手入れは、飼い主さんと猫ちゃんとのコミュニケーションに有効というだけでなく、猫の体や様子をよく見たり、触れたりすることで猫の健康管理にも役立つものです。ですから、日頃から猫のお手入れをするようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました